ズバリ!お葬式の費用の内訳教えます

葬儀社に務める私が、みんなが感じるお葬式の疑問、費用、葬儀屋の仕組みなど教えちゃいます

3-2.お葬式の費用について(火葬代金)

それでは、に前回書いた下記の項目をご説明したいと思います。

 

一般的なお葬式の全体の代金は

  1. 火葬代金(例5千円)
  2. 斎場使用料(例5千円〜5万円)
  3. 式にかかる諸費用(例35万円)
  4. お料理の代金(例10万円)
  5. 返礼品(お茶とか)の代金(例15万円)
  6. 菩提寺様(お寺さま)のお布施(例30万円)
  7. 供花(お花)供物(果物など)の費用(例5万円)

と言う感じです。

1.火葬代金について

火葬代金と言うのは、火葬場での火葬料の事です。

前回『お葬式』と言うのは、上記の項目(1〜7)から

「自分で選んでプランニングする」

と書きましたが、この『1.火葬代金』は省けません。

当たり前ですが、最終的に『火葬』はしますからね。

火葬場は基本的に地方自治体の管理です。

(もちろん、地域によっては民間の火葬場もあります)

ですから、費用は葬儀社が頂くわけではありません。

費用は0円〜60000円くらい。

なんだこれ?!って思うでしょ。

住んでいる区市町村によって変わるんです。

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」

実際に千葉市付近の例を紹介します。

 

千葉県千葉市 千葉市斎場  
年齢 住民 住民以外
12歳以上  6000円   60000円 
12歳未満  3000円   30000円 
千葉県船橋市 馬込斎場  
年齢 住民 住民以外
15歳以上  3700円   50000円 
15歳未満  2500円   34000円 
死胎  1200円   17000円 
千葉県市原市 市原市斎場  
年齢 住民 住民以外
12歳以上  0円    60000円  
12歳未満  0円    40000円  
死胎  0円    20000円  

 

『住民』『住民以外』約10倍の金額の差がありますね。

居住している地域によって隣接している市でも0円だったり6000円だったり。

まぁ、要するに

「自分の住んでいる所で火葬してね」って感じです。

火葬費用は、地域によってかなり差があるので、ご自分の住んでいる地域の代金を調べておくといいと思います。

たまにお客様で

『両親が船橋市に住んでいて、自分は千葉市に住んでいる。

何年か前に両親が病気になってしまい、住民票を移さずに、なし崩しに自分の家に連れてきて一緒に暮らしながら、面倒をみるようになった。

結局病気で亡くなってしまった。

千葉市で葬儀をあげようと思っていたら、住民票が船橋市だったため60000円かかってしまった。』

なんて事があります。

(もちろん、船橋市馬込斎場で火葬すれば3700円ですみます)

だから、近隣にお住まいの両親が体調を崩して同居する場合などは、しっかりと先を見越して住民票を移しておくといいと思います。

  

「こんな金額で出来るのなら、自分でやってみようかな?!」

なんて考える方もいると思います。

それ実は、、

出来ます。

ただし、かなりハードルは高いです。

自治体のHPをよく見ると気がつかれると思いますが、自治体では『お葬式』に必要な最低限の物は格安で貸し出し、もしくは販売をしています。

「祭壇の貸し出し」「霊柩車の貸し出し」「骨壷の販売」などなど。

しかし、個人で「火葬の申請」をするには、まず市役所で「死亡診断書」を出して「火葬許可認定書」を貰い、「棺(ひつぎ)』を葬儀社から購入して、更にドライアイスなどでご遺体の自己管理をして、更に、更に、、、、と沢山やらなくてはならない事があります。

しかも、お役所なので「やり方」や「アドバイス」などはしてくれません。

近しい方が亡くなって、悲しみや喪失感の中でこれらを全て行うのは決して容易ではないでしょう。

例えるなら

「初めて車を買った人が、車を整備点検して車検まで通す」

ような感じですかね?!

対費用効果としては、葬儀社に頼む場合に比べて5万円〜10万円節約できる、といったところでしょう。(まぁ、これを高いとみるか低いとみるかは個人差があると思いますが)

なので、自分で全部やると言うのは

オススメではありません。

まとめ

  1. 火葬代金は自治体管理なので意外と安い
  2. しかし住民以外だと金額が10倍になってしまう
  3. ご自分のお住いの自治体のHPで事前にチェックがおすすめ
  4. 葬儀社を通さず全部自分でやるのはハードルが高い

葬儀の一括見積もり

 いかがでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。

ではでは。

3-1.お葬式の費用について(全体的に)

みなさまが一番気になるであろう

費用についてです。

ちょっと長くなるので、まずはざっくり全体を説明します。

*この解説は葬儀社によって異なりますので実際に相談する時には必ず確認をしてください。

 

よくお葬式の案内に

35万円プラン〜

48万円プラン〜

68万円プラン〜

お別れ葬プラン14万円〜

 

こんな感じの広告やHPをみかけると思います。

これって本当にこの費用で済むの?って思いますよね?

 

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」

 

ごめんなさい!

普通にお葬式をあげようとするとこれだけでは済みません。

 

簡単に説明すると、一般的なお葬式の全体の代金は

  1. 火葬代金(例5千円)
  2. 斎場使用料(例5千円〜5万円)
  3. 式にかかる諸費用(例35万円)
  4. お料理の代金(例10万円)
  5. 返礼品(お茶とか)の代金(例15万円)
  6. 菩提寺様(お寺さま)のお布施(例30万円)
  7. 供花(お花)供物(果物など)の費用(例5万円)

 

こんな感じで構成されています。

そして上記の

『35万円プラン〜』

と言うのは3番の諸々の費用の事です。

だから1.3.4.5.6.7は全て別費用です。

 

「え〜!結局100万じゃん!」

「めっちゃボッタクリやん!」

「これじゃ詐欺じゃん!」

なんて声が聞こえそうですが(笑)そうじゃないんです。

上記の6項目からやりたい事を選択してプランニングしていくんです。

 

まぁ、わかりやすく結婚式に例えると(いいのか?ww) 

A.誰も呼ばずに二人だけで教会で結婚の誓いだけをしたい

1.火葬代金+2.斎場使用料+葬儀社の手数料=合計約14万円

ご遺族(身内)だけで、自宅か霊安室に安置して見守った後、お見送りをして火葬場へいきます。そして火葬が終わったら遺骨を持ってお家に帰って終わり。と言う感じです。

 B.家族と親しい友人だけ数名で形だけの結婚式をやりたい

1.火葬代金+2.斎場使用料+3,式にかかる諸費用=合計約40万円

お通夜だけ、告別式だけ、もしくは両方を行います。その後ご遺族で出棺を見守り、火葬場に行って火葬して遺骨を持って帰って終了です。

一般的にイメージされる『家族葬』って感じです。

C.家族だけでなく大勢の友人、知人を呼んで『式』をして『披露宴』もやりたい

1.火葬代金+2.斎場使用料+3,式にかかる諸費用+5.返礼品+(オプション4.お料理の代金+)+(オプション6.菩提寺様のお布施)+(オプション7.供花の費用)=合計60万円〜∞円

一般的にイメージされてるいういわゆる『お葬式』ですね。

合計金額は、オプション次第。オプションを選べば選ぶほど、合計費用はどこまでもいきます。

逆にオプションを抑えれば、上記の『B.家族葬』と変わらなくなります。

 

ここで冒頭の話に戻りますが

35万円プラン〜

48万円プラン〜

68万円プラン〜

って言うのは、それぞれの『式にかかる諸費用』のセットの代金って事です。

だからそれぞれのプランの差は、それぞれの中身が、『それ相応』の中身って事です。

高価なプランを選択すれば、その分色々な物(例、祭壇、生花祭壇、骨壷etc)のクラスが上がると言う事です。

だからこの『〜円プラン』って言うのは、あくまでも目安と考えた方がいいと思います。

次回は下記の詳細について掘り下げて説明したいと思います。

外せない項目、選べる項目などの解説もします。

  1. 火葬代金(例5千円)
  2. 斎場使用料(例5千円〜5万円)
  3. 式にかかる諸費用(例35万円)
  4. お料理の代金(例10万円)
  5. 返礼品(お茶とか)の代金(例15万円)
  6. 菩提寺様(お寺さま)のお布施(例30万円)
  7. 供花(お花)供物(果物など)の費用(例5万円)

 それぞれを一つづつ書いていこうと思います。

ではでは。 

葬儀の一括見積もり

 

2.実際に亡くなったら、まず何をどうすればいいの?

今回は、実際にお亡くなりになったらどうしたら良いのか簡単に説明します。

(それと搬送と保管の費用もちょこっと)

 

まず病院でお亡くなりなった場合

看護師に

「葬儀社はお決まりですか?」

なんて聞かれます。

ここで、事前に見積もりや相談が済んでいれば、事が早いし安心です。

すでに決めてある葬儀社に電話をすれば、お迎えに来てくれます。

もちろん24時間いつでもOKです。

 

決まってない場合は、病院で葬儀社を紹介してくれます。

大きな病院ですと、決まった葬儀社と提携してるので、そこを紹介してくれます。

そして後は電話ですね。

ここで注意して頂きたいのが、大きな病院で決まった葬儀社がいたとしても自分で葬儀社は選べるということです。

事前に相談にいってる葬儀社、また前にお世話になった葬儀社など、自分で自由にきめられます。

要するに、大手の葬儀社は病院にお金を払っている訳です。

「ご遺族に決まった葬儀社がなかったら、うちを紹介してね」

って仕組みです。

なーんか、死ぬの待ってる人たちみたいで、感じ悪いですよね(笑

でもそんな事もないですよ、その病院と提携している葬儀社が、費用が高いとか、不親切とかそいう事は一概には言えません。良心的な会社もたくさんありますしね。

 

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」

 

葬儀社の手配が済んだら、後は寝台車でお迎えが来ますのでお待ちください。

 

そして、病院を出た後ですがご遺体を自宅に安置するか、葬儀社に預かってもらう買うを選択します。

  • 一旦家に連れ帰って、ゆっくり休ませてあげたい
  • 自宅に場所がないので葬儀社で預かって貰いたい

どちらでも大丈夫です。

ちなみに最近は葬儀社でお預かりする事が多いです。

ご遺族の方は

  • 自宅に連れ帰らないといけないのでは?
  • 預けちゃうと冷たい人間だと思われちゃうかしら?

と思う方がたまにいらっしゃいますが、預けちゃっても全然大丈夫ですよ。

むしろ葬儀社は霊安室(冷蔵庫)に保管するので安心です。

自宅安置の場合ドライアイスで対応するので、季節によってはどうしても傷みやすくなります。

 

この後は、そのまま具体的な打ち合わせを行ったり、深夜であれば翌日に打ち合わせといった感じで進んでいきます。

 

ちなみに病院からの搬送費用は大体

30000円前後が多いです。

それからご遺体の安置ですが、自宅も葬儀社もそんなに変わりません。

葬儀社安置の場合

1日につき10000円前後(保管料)

自宅安置の場合

保管料はかかりませんが

ドライアイス代金や屏風やお線香やローソク、机などの備品代がかかるので

トータルするとやっぱり

1日につき10000円前後になってしまいます。

(まぁ、ぶっちゃけあんまり代金が変わらないようにしてあるって言うのがホントのとこかも)

 

その他、自宅で急に亡くなったり想定外の亡くなり方をした場合は、救急車を呼んで指示を仰ぎます。完全にお亡くなりになっている場合は警察に一旦運ばれる場合がほとんどです。いわゆる事件かどうかを検視してからご遺族にお引き渡しとなります。

葬儀社も警察署にお迎えに上がる形になります。

 

上記にある通り、とにかく事前に相談や見積もりを出して葬儀社を決めておくことを強くオススメします。

「お葬式の心配を、死ぬ前にするなんて!」

と思われるかもしれませんが、最近は事前に相談にお見えになる方が圧倒的に多いです。

費用や段取りなどを先に決めておくと断然に安心です。

 

ちょっと言い方が悪いですが、亡くなってしまった後では、どうしようもありません。なんの選択肢もない状態になってしまいます。

費用はもちろんの事、葬儀の場所が自宅から遠い等色々と不都合も起こると思います。

 

もちろん実際はいつ亡くなるかは、誰にもわかりません。なので早めに大体の見積もりや相談などだけでもしておいた方がいいです。

相談に行って実際に依頼するのが1年後でも、その日でも全く問題ありません。

 

また葬儀社によっては事前相談で

  • 事前登録で割引サービス
  • 会費(1万円前後で1回限りが多い)を払って会員になっておくと10%割引
  • 互助会への入会の勧め(これは積立型が多いのでしっかり検討した方がいいです)

 などの何らかのサービスを行ってるとこが多いです。

なので、ネットで何社か見積もりだけでも出しておくと、比較検討出来るのでやっておくといいと思います。

 

葬儀の一括見積もり

次回は、費用について書きたいと思います。

費用については長くなりそうなので、時間かかりそうです。

*具体的な金額等はあくまでも目安です。必ず直接確認して下さいね。

 

1.お葬式で一番大切なこと

まず費用についてお話する前に、言っておきたい事があります。

それはお葬式を成功させる為に一番に大切な事です。

それは・・・

『自分(ご遺族)の気持ちがブレない事』

です。

どういう事かと言うと 

総額200万円のお葬式が良いお葬式って訳じゃないんです。

かといって、100万円なら良い?

じゃあ25万円のお別れプラン(いわゆる直葬)?

答えは・・・

「なんでも、どれでもいいんです」

 お葬式って究極的にはご遺族の気持ち(送る側)だけの問題なんです。

ちょっと解説します。

  • 費用を多くかける事で大切な故人が喜ぶと思う
  • 費用を削り過ぎて故人に引け目を感じてしまう
  • 多くの方が参列に来てくれてた方が故人が喜ぶだろう
  • 親戚やご近所に恥ずかしくない式を行いたいetc

 

こんな感じの気持ちが、どなたでも心をよぎると思います。

仮にこれを全て満たしたとします・・・

するとなぜか今度は、次の欲求と葛藤と後悔が、首をもたげてきます。

  • もう少しお花を豪華にした方がいいんじゃないかな?
  • 棺もランクをあげるべきかな?
  • ちょっと予算オーバーかも?
  • いやいや、大切な人の為だからこれくらいいいよね?
  • 少し予算を削って、子供の塾代に回した方が故人も喜ぶかも?
  • いやいやいや、やっぱり・・・

 

 そう!キリがないんです。

だから、喪主の方がしっかりと線引きしなくちゃいけないんです。

これだけはやる、これはやらない・・とね。

そして

「これで良し!」

「これで故人も喜んでくれてる!」

と思えば、最高に良いお葬式だったことになります。

 

自分達がしっかり故人を送り出したという気持ちさえあれば大丈夫です。

 

とはいうものの、現実はそこまで自信を持って式を迎えられる方はなかなかいません(笑

親戚、ご近所の方の手前、言葉たくみに色々と勧めてくる業者(私の事?w)

心が揺れますよね。わかります。

なので、現実的なお葬式のプランニングと言うのは自分の信念と世間とのしがらみの折り合いをつけて、大体平均すると50万円〜150万円位って感じになってます。

 

まぁ、冒頭の主張と矛盾してしまうんですが現実はそんな感じです。

でもね、それでもたくさんの方の最後に立ち会った者として言いたいのはやっぱり

「ご遺族に後悔して欲しくない」

って言うのが本音です。

 

東証一部上場の株式会社鎌倉新書が運営「いい葬儀」

どうでしょう?ほんの少しでも参考にして頂けたらと思います。

まぁ、葬儀社的には沢山の費用をかけて頂く事に越した事はないって言うのも本音ですけどね(笑

 

 

 

 

初めまして

はじめまして、私「ジキル」と申します。

葬儀社で働いております。

この間何気なく見たネットのニュースで

「お葬式に関して不安に感じる事」のアンケート結果が載っておりました。

 

1位ー葬儀にかかる費用

2位ー追加にかかる費用

3位ー葬儀の手順

って感じでした。

 

そうですよね〜!

一般のお客様は、お葬式なんて一生のうち1度か2度位しか経験しないんですものね。 

  • ぼったくられたらどうしよう?
  • 25万円〜なんて書いてあるけどホントかな?
  • 24時間いつでも電話していいの?
  • 実際、病院で亡くなってそれからどうしたらいいの?

などなど色々と疑問があると思います。

 

そこで、私(ジキル)が出来るだけわかりやすく丁寧に、業界的にあんまり話しちゃいけない事ものんびり書いていこうかななんて思っております。

 

ゆるい感じではありますが、少しでもみなさまのお役に立てたらいいなと思っていますのでよろしくお願いします。